案内男性

都市綜研インベストバンクの気になる噂|真相を調べる

業績を伸ばすために

グラフ

株の価値を計算する際の注意点

ストックオプションとは、あらかじめ定められた価格で自分の会社の株を購入する権利を与えられるシステムで、会社が成長を続け、決められた価格で株を購入する時に、株価が上昇している場合、報酬を得ることができます。これにより、ストックオプションで株を受け取る権利を得た社員は、会社業績を伸ばすために一生懸命働きますし、会社側も結果的に株価が上昇するので、双方にとってメリットがあると考えられています。 ここで注意したいのは、株の価値は、会社全体の株数の何パーセントを所有しているかで変わってくるということです。日本の企業の場合、株式会社であれば、最低資本金が1000万円と定められており、初回の株式価格によって、会社全体の株数が違って来ます。仮に株価が50000円の場合、設立段階での株数は200株となりますので、1株で会社全体の0.5パーセントとなります。しかし、これが400株の場合、0.25パーセントとなりますので、ストックオプションの権利を得る際には、自分の購入できる株は、会社全体の何パーセントかを理解しておくようにしましょう。

ベンチャー企業の発展に、貢献するストックオプション

ストックオプションは今後成長する可能性の高いベンチャー企業に向いたシステムと言えます。 以前は、新規事業のアイデアがあっても、十分な資金が調達できず、高額な給料が払えないと、高度な技術や、能力を持った社員を集めることができず、企画倒れで終わってしまう企業が多く存在しましたが、ストックオプションで将来の報酬を約束することで、資金力の少ないベンチャー企業でもアイデアさえあれば優秀な社員を雇うことが可能になりました。 ストックオプションは世界最高のIT企業の集積地と言われているシリコンバレーでは、以前から用いられているシステムですが、日本ではあまり浸透していません。ストックオプションが日本のベンチャー企業の、発展の鍵を握っていると言えるかもしれません。