案内男性

都市綜研インベストバンクの気になる噂|真相を調べる

投資を始める

貯金箱

シンプルな日経225先物取引。

先物取引には代表的な日経225先物取引や日経先物取引などがあります。これらは約20倍のレバレッジを効かせることにより、少ない資金で大きな取引ができます。普通の株式トレードは銘柄を選定しなければなりませんが日経225は銘柄選択が必要ありません。これは買いからも売りからも入れます。つまり相場が下落していても利益を上げることができます。日経平均をどうやって算出しているかというと日本経済新聞社が選んだ企業225社の株価を平均して算出したものです。普通の株式のように企業の倒産リスクもありませんので紙切れになってしまう恐れもありません。また今は日経225mini取引というものの人気が高まっています。これは十分の一のサイズで取引できます。

自分にあった証券会社を探す

日経225先物取引には取引できる時間があります。前場が9時から11時までで後場が12時30分から15時10分までです。また夜間取引を行うことも出来ます。各証券会社によって取引の手数料も違ってきます。インターネットなどで色々調べてみて自分にあった証券会社を探しましょう。証券会社主催でセミナーを開催しているので1度足を運んで見るのも良いです。様々な投資について学べますし口座開設の窓口などもあります。無料の場合と有料の時がありますので事前に確認しておきます。ほとんどの場合予約しておかなければならないので注意が必要です。席が空いていれば予約無しでもいける時もあります。実際に投資を始める前に勉強をすることが大事です。